大型バイク
羽後自動車学校(秋田県羽後町) 合宿免許


  | トップページ | 料金のご案内 | 合宿のお宿 | 今日の学校 | 観光情報 | お問い合わせ |
  | 羽後自動車学校トップページへ |



湯沢市・羽後町周辺観光情報

 

 地域の観光地をご紹介!

当校周辺には、有数の観光地があります。
大自然あふれる観光地、地域のお祭りなど。
とくに " 羽後町盆踊り" は、当校がある羽後町で
全国的に有名なお祭りの1つとなっています。
秋田のお祭りをぜひ一度見にきてみませんか!?
教習のついでに観光も! という贅沢も可能です!





 

 

 

 

● 湯沢七夕絵どうろう祭り  毎年 8月5日、6日、7日 開催。(湯沢市)

● おりひめ/ひこぼし伝説とは一味違う、湯沢に伝わる歴史深い物語 ●

元禄15年(1702年)、佐竹南家『義安公』が京都の関白鷹司家から姫君を嫁に迎えた・・・。
若くして嫁いだ姫は郷愁にかられ、せめてもの慰めにと雅やかな京をしのばせる『盂蘭盆(うらぼん)』の
七夕が再現された。姫は五色の短冊に思いを託し、ふるさとの遠い都を想ったのだろう・・・。
姫君の想いが、いつしか七夕絵どうろうまつりとなり、今に伝えられている。
  みちのくの短い夏・・・涼しげな風が吹き抜ける夕方になると、うちわを手にした浴衣姿の秋田美人が
灯りのともされた絵どうろうを間を行き交う。幻想的で神秘の世界が広がる。

リンク: 湯沢市役所観光課ホームページ http://aios.city-yuzawa.jp/kanko/event01.html

湯沢七夕絵どうろう祭り(湯沢三大祭り) 湯沢七夕絵どうろう祭り(湯沢三大祭り)
 
 
● 西馬音内(にしもない)盆踊り  毎年 8月16日、17日、18日 開催。(羽後町)
● 日本三大盆踊り・・・西馬音内盆踊りの歴史 ●

西馬音内盆踊りの起源・沿革については記録されたものが全くないため、
全て言い伝えによるものとなっている。 正応年間(1288〜93)に源親という修行僧が、
蔵王権現(現在の西馬音内御嶽神社)を勧請し、ここの境内で豊年祈願として
踊らせたものという説がある。 これが、慶長6年(1601)西馬音内城
主小野寺茂道一族が滅び、土着した遺臣たちが君主を偲び、旧盆の16〜
20日までの5日間、宝泉寺(西馬音内寺町)境内で行われた亡者踊りと
合流した。そして天明年間(1781〜1789)に現在の本町通りに移り、
現在まで継承されてきたものと伝えられている。

リンク: 羽後町観光協会 http://ugo.main.jp/index.html

羽後町西馬音内(にしもない)盆踊り
 
 
● 皆瀬村 大噴湯 (秋田県湯沢市皆瀬) 小安温泉峡
● 皆瀬大噴湯 ● 大自然が作り出す脅威の光景!

湯沢市皆瀬地区の大噴湯は、岩肌の間から物凄い勢いで温泉の蒸気を噴出している。
まさに大自然が作り出した光景は、近くでみると圧巻である。
小安温泉峡にむかって続く渓谷は、岩や木の自然の光景に溢れ、
上と下を結ぶ遊歩道は、こもれびのトンネルが続く。
秋田県南では有名なスポットであり、全国的にも名所となっている。

リンク: 湯沢市観光課 http://aios.city-yuzawa.jp/kanko/kanko03-07.htm

湯沢市皆瀬大噴湯(小安)  湯沢市皆瀬大噴湯(小安)

湯沢市皆瀬大噴湯(小安)  湯沢市皆瀬大噴湯(小安)
 
 
● 湯沢市大名行列 毎年 8月第4土曜日・日曜日
● 秋田藩佐竹南家拾万石の格式深い行列を再現したお祭り ●

 総勢六百人余で豪華絢爛たる往時をしのぶ大絵巻模様を呈し、正徳四年(西暦1714年)
初めて町になった際に、愛宕神社祭典の余興として行ったのが始まりといわれている。
昔のそのままの豪華な姿に身を固めた人々が、殿様を中心に武頭(おものがしら)、
押(おさえ)が護衛し、槍、鉄砲持ち、弓、挟箱、合羽、籠、鷹匠、餌差、御殿医、薬籠、
徒士(かち)をはじめ、飾り山、練子(ねりこ)、囃子(はやし)、小若などの行列となり、
延々2kmも続き、各町内に設けられた会処前では奴振りを披露しつつ市内を歩く。
まるで街全体がはるか昔にタイムスリップしたかのような雰囲気となる。

リンク: 湯沢市役所観光課ホームページ http://aios.city-yuzawa.jp/kanko/event04.htm

大名行列(湯沢三大祭り)
 
 
● 湯沢犬っこまつり  毎年 2月第2土曜日・日曜日
● 秋田藩佐竹南家拾万石の格式深い行列を再現したお祭り ●

 犬っこまつりは、元和の昔より、約390年もの長い間続いたといわれる湯沢地方の民俗行事。  
その昔、白昼堂々と人家を襲う「白討(はくとう)」という大盗賊がいたが、湯沢の殿様が
これら一味を退治し、再びこのような悪党が現れないようにと、米の粉で小さな犬っこや鶴亀を
作らせ、旧小正月の晩にこれを家の入口や窓々にお供えして祈念させたのが、
犬っこまつりの始まりとされている。豪雪地帯ならではのお祭りであり、横手市の
かまくらと並んで有名な祭りとなっている。

リンク: 湯沢市役所観光課ホームページ http://aios.city-yuzawa.jp/kanko/event05.htm

湯沢犬っこまつり(湯沢三大祭り)
 

 


 

   
   
Copyright 2008 UGO driving school All rights reserved.